今日のカレー 第488回


今日のカレー
no405.jpg
「S&B GU-RICH とろチーハンバーグカレー
原材料:ハンバーグ(食肉(牛肉、豚肉)、玉ねぎ、チーズ、その他)、野菜(玉ねぎ、トマト、にんにく)、小麦粉、食用油脂(牛脂、豚油、大豆油、なたね油)、砂糖、カレー粉、食塩、トマトペースト、酵母エキス、還元水飴、ウスターソース、フォン・ド・ボーソース、たん白加水分解物(いわし、かつお)、香辛料、チキンブイヨン、カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、リン酸塩(Na)、香料、塩化Ca,(原材料の一部に卵を含む)
内容量:200g
カロリー:245kcal
感想:ある程度予想していたがハンバーグが付いているせいでカレーが非常に少なく感じる。ご飯の量をいつもより少なめにしないと合わないかもしれない。カレーは辛さがそこそこでとろみはレトルトっぽい甘みの強めの味付けだった。ハンバーグはジューシーではなくつくねの様な食感で柔らかい。かなり温めたつもりだがチーズはとろーりとはいかなかったがしっかりと味は感じることが出来た。
パッケージ:何とも雑誌っぽいデザイン。料理本にも見えなくはない
評価:★★★★★★

スポンサーサイト

tag : レトルトカレー ハンバーグカレー

今日のカレー 第487回


今日のカレー
no400.jpg
「カルイザワAP 三笠ホテルカレー」
頂き物
原材料:鶏肉、野菜・果実(りんご、玉ねぎ、人参、トマト、セロリ、にんにく、生姜)、ルウ(小麦粉、動物油脂)、フォンドヴォー、デミグラスソース、味噌(大豆:遺伝子組み換えでない)、植物油脂、ルバーブジャム、カレー粉、かつお節調味液、発酵調味料、ウスターソース、砂糖、香辛料、はちみつ、濃厚ソース、バター、食塩、昆布パウダー、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、増粘剤(加工でん粉)、酸味料(原材料の一部に牛肉、豚肉を含む)
内容量:220g
カロリー:323kcal
感想:レストランカレーのレトルト版だろうか?出来はかなり良い。香りが良く、レトルトっぽさが無い。辛さは弱めだが味はしっかりしており重みある。鶏肉は大きめで臭みもないので食べやすい。
パッケージ:特に書く事なし
評価:★★★★★★★

ヒットマン最新作が遂に日本語対応で発売。
PC版ダウンロードに5時間もかかりましたよ。でもグラボが無いからまだプレイしてません。

tag : レトルトカレー ご当地カレー

実写版ジョジョ


実写版ジョジョを見て来ました。
公開前は何かと不安視されていたジョジョだが、予想外にしっかりと作られていた
以下ネタバレありの感想

日本が舞台の映画なのにスペインをロケ地にしたそうだが原作自体が個性的な絵と世界観なので
その辺を表現するためにそうしたと言われれば納得できるし、コスプレ感満載の衣装もその世界観にマッチしてた。
ストーリーはほぼ原作のままであり、奇麗にまとめられていた。
役者陣もポスターで観ると違和感満載(特に髪型)だが観て行くうちに慣れた。
山岸由花子の存在が完全に次回の伏線の為だけのキャラにしか思えない
手を綺麗に手入れしていたのは吉良に狙われる伏線かもしれないし、
最後に康一が由花子と登校せずに仗助、億泰と登校したのは由花子が康一をさらう展開への伏線にも思える。
肝心のスタンドだが、CGの出来は驚くほどではないが十分に観れると言った所。
ドラドラやオラオラのラッシュは迫力もあって、声も良かった。
難点は原作を読まないと不可解な点が多い内容という事。
設定が複雑な漫画なので説明不足な点が多いのは仕方ないだろうが、
ジョースター一族がスタンドを使える理由、弓と矢が何故スタンド使いを生み出すのか、
虹村父は何故化け物になったか等は一切語られない。
サプライズで登場したシアーハートアタックも未読者にはサーモグラフの演出や爆発のシーンは?となるに違いない。
そんなわけで細かな点を挙げればきりがないが、全体的に面白く、原作ファンなら観て、あーだこーだと語り合える魅力のある作品にはなっていると思います。
しかし、原作に忠実で実写化しての魅力や良かった点やが少ないのも事実かと思えます。
次回作作る気満々なラストで締められており、是非とも第二章も作って欲しい。
三部作なら当然、削られるエピソードは多いでしょう。
それ故のバトルシーンの変化など多少のチャレンジングな要素も観てみたい所です

今日のカレー 第486回


今日のカレー
no399.jpg
「マルイチ商産 信州米豚カレー」
頂き物
原材料:野菜・果実(たまねぎ、じゃがいも、りんご、トマト、しょうが、にんにく)、豚肉、ラード、小麦粉、カレー粉、マンゴチャツネ、ビーフ風味エキス、ポークエキス、砂糖、しょうゆ、食塩、酵母エキス、香辛料、増粘剤(加工でん粉)、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素(原材料の一部にゼラチンを含む)
内容量:200g
カロリー:252 kcal
感想:野菜・果実の溶け込んだソースは甘めで辛さが弱め、とろみや重さは中々だが、レトルトっぽさが抜け切れていない。豚肉は大きめで歯ごたえが良い。じゃがいももしっかりとして美味しい。
パッケージ:中華っぽいパッケージに見えるのは何故だろうか?色、字体?
評価:★★★★★


tag : レトルトカレー ご当地カレー ポークカレー

今日のカレー 第485回


今日のカレー
no398.jpg
「新宿中村屋 ビーフときのこのカリー 中辛」
頂き物
原材料:野菜・果実(玉葱、人参、りんご、デーツ、しょうが)、牛肉、ブナシメジ、食用油脂(ラード、なたね油)、乳等を主要原料とする食品、デミグラスソース、トマトペースト、カレー粉、りんご果汁、バター、乾燥マッシュポテト、チキンブイヨン、ポークブイヨン、香辛料、小麦粉、食塩、砂糖、卵白粉末、着色料(カラメル)、増粘剤(加工でん粉)、調味料(アミノ酸等)、加工でん粉、pH調整剤、香料、(原材料の一部に大豆ゼラチンを含む)
内容量:200g
カロリー:226kcal
感想:新宿中村屋らしく、カレーの作りが実に秀逸。レトルトっぽさが少なく。独特の辛さととろみも重さを感じる実に良い出来。きのこは美味しかったが、せめてもう一種類ぐらい入れて欲しかった。ややざらついた食感を感じる
パッケージ:なんで新宿中村屋が信州安曇野のカレーを作ったのか?それが最大の謎です
評価:★★★★★★

tag : レトルトカレー ご当地カレー ビーフカレー きのこカレー

プロフィール

豚次郎

Author:豚次郎

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
カレーの分類

レトルトカレー ご当地カレー ビーフカレー インドカレー タイカレー カップカレー 缶詰カレー キーマカレー チキンカレー グリーンカレー 野菜カレー ポークカレー レッドカレー ドライカレー きのこカレー チーズカレ― ブラックカレー カレーの素 シーフードカレー カレーラーメン 焼きカレー 外国産カレー スープカレー イエローカレー バターチキンカレー カレースープ ホワイトカレー 和風カレー カレーうどん カレーパスタ マッサマンカレー 冷凍カレー プーパッポンカレー カレー焼そば カレー炒飯 カレードリア カレー焼き飯 果実カレー ハンバーグカレー カレー調味料 バターマサラカレー カレーふりかけ カレー春巻き カレーリゾット 

検索フォーム
リンク
QRコード
QR