今日のカレー 第380回


今日のカレー
20150202.jpg
「焼きカレーパスタ
残り物のカレー、今回は圧力鍋で作ったチキンカレーを使用
半分に折ったパスタを茹で時間よりも2分早めに上げて温めたカレーを皿に盛って混ぜ合わせる。ピザ用チーズをちらしてケチャップとマヨネーズを適量かけてトースターで7分ほど焼いて完成
感想:カレー自体は何故かパスタと合わせると味を感じにくい。ケチャップやマヨネーズは量が少なかった。濃い味にするにはもっと大量でも良いと思う。表面に見えているパスタは焼かれて固めになっていたがパリパリとした食感は悪くなかった。チーズとケチャップ、マヨネーズの組み合わせはピザっぽい味付けになった。
見た目の悪さはもはや絶望的

次回からはレトルトカレー以外のカレー特集を行いたいと思います
スポンサーサイト

tag : カレーパスタ 焼きカレー

今日のカレー 第320回

カレーのアレンジやらリメイクで作ったものは今後十回事に載せる事にします

今日のカレー
20150106.jpg
カレードリア4」
いいかげんドリアばかりではなく他の物を作ってみたかったが、どうしても試したい事があったので再びドリアに挑戦
カレーは残り物を使用。
調理法:今まで表面は焼けても中身に焼いた感じがなかった。特にご飯。
ではご飯を焼いた感じを出すにはどうしたらいいか?
先にご飯だけを焼いておけば良いのでは?
料理下手な人間としてはこの当たり前の結論に達するのに随分とかかりました。
そこでフライパンでご飯をバターと塩コショウでパラパラになるまで炒めた
バターを塗った皿にご飯を盛る。その上に卵、カレー、チーズの順に盛る
オーブンで5~6分焼いて完成
感想:さすがに四回目となると随分と手際が良くなった。
味の方はチーズ、カレ―共に美味しい。前回から味の変化は少ない。問題のご飯だが炒めが足りなかったか前とそれほど変わっていなかった。場所によってはホクホクとした感じはあったりしたのだが、どうも固さが足りない様な気がする。後はご飯の炒め方とカレー自体にもこだわらないと変化は起きにくいのではないだろうか。とりあえず今度ドリア食べにサイゼリアにでも行くか


tag : カレードリア 焼きカレー

今日のカレー 第306回


今日のカレー
20141211.jpg
カレードリア3」
カレーの残りを使用
三度目のカレードリア。器をまた替えて作ってみる。今回は量を少なめにしてご飯、生卵、カレー、
ピザ用チーズの順に皿に盛って、トースターでチーズに焦げ目が付いたら取り出す。焼き時間はおよそ5~6分。
感想:見た目は非常に良く出来た。中の卵は半熟とはいかないが味はしっかりする。カレー、チーズご飯、卵と全ての味がして美味しかった。しかし、カレードリアとはこう言うものなのか?馴染みのカレー屋のカレードリアの方が旨いのは確かだ。あっちは鉄皿だけど。こっちはとけたチーズを乗せているだけな気もする。

今後もカレーを改良したものをちょくちょく紹介して行きます。
最近は少しは盛り付けを考えるようになりましたが今後は見た目が酷い物も出て来ます。
あしからず

ipad、いまだに事あるごとに問題が起きてます。
基本的にアップルは説明が無さ過ぎるのと、融通が効かない点に腹立ってます。
これはアップルユーザーが辿る当然の道なのでしょうか?
この苦難を乗り越えれば愛着でも湧くのでしょうか?
現状アップル製品が嫌いになりそうです。

tag : カレードリア 焼きカレー

レトルトカレー 第204回

季節の変わり目に必ず訪れれる体調不良発生中

本日のレトルト
no43.jpg
「永谷園 こんがり焼きカレーなすと挽き肉 中辛」
原材料:カレーソース:炒めたまねぎ(たまねぎ、なたね油)、野菜(なす、にんにく)、豚肉、乳等を主要原料とする食品、チーズパウダー、とうもろこしでん粉、トマトペースト、バター、ラード、ポークエキス、脱脂粉乳、砂糖、カレー粉、にんじんピューレ、大豆油、なたね油、酵母エキス調味料、ばれいしょでん粉、食塩、りんご果汁、こしょう、カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、香料、(原材料の一部に小麦、鶏肉を含む)トッピング:パン粉、チーズフード、調味料(乳糖、砂糖)、チーズパウダー、キシロース、調味料(アミノ酸等)、乳化剤、カロチノイド色素、香料、イーストフード、ビタミンC、(原材料の一部に卵、大豆を含む)
内容量:152g(カレーソース150g、トッピング2g)
カロリー:242Kcal
感想:(商品が出た時は焼きカレーは珍しい物だった。それ故どう言った味が基本なのかもわからなかった。電子レンジのオーブンで作ったのでしっかりとは焼けていなかったと思う。この感想は食べた当時2007年頃の物です。)焼く前はナスの香りと挽肉の感じがしっかりとしてるとおもったのだが、いざ焼いて食べてみると双方とも感じが消えているのが残念。味はすれども食べた食感が薄い。挽肉はともかくナスはもっと大きめにしないとほとんどかんじられない。しかし、ルーそのものはしっかりとした味付けであり、美味しいには違いない。変わった感じのカレーを満喫することが出来る。
評価:★★★★★

ではまた

tag : レトルトカレー 焼きカレー

レトルトカレー 第百四十六回

先日、知り合いがフェイスブックで病気になったと報告していたと聞き、
そんな下がる話を報告せんでも、とかその時は思ったのですが、
僕も散々このブログで体調不良を書いてた事を思い出して赤面する思いです。
ちなみに最近は体調はやや良好です

本日のレトルト紹介
No171.jpg
「丸ふじ 門司港発祥 焼きカレー 中辛」
原材料:野菜・果実(玉葱、りんご、人参)、牛肉、食用油脂、小麦粉、カレー粉、砂糖、肉エキス、蛋白加水分解物、食塩、香辛料、チャツネ、トマトケチャップ、バター、ウスターソース、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、パプリカ色素、酸味料、香料、甘味料(甘草)、(原材料の一部に大豆、鶏肉、豚肉を含む)
内容量:170g
感想:オーブンで焼いて作る変わったレトルト。作った際にオーブンでの焼き加減が足りなくてあまりドリアっぽくはならなかった。それでもカレードリア風の味はけっこう旨い。この手の作品は自分で一手間かけるともっと旨くなる可能性があるだけに面白い。普通のカレーに飽きた人にはおすすめ。

短い曲を沢山作ったもののどれをアップするか思案中
ではまた

tag : レトルトカレー ご当地カレー 焼きカレー

プロフィール

豚次郎

Author:豚次郎

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
タグリスト
カレーの分類
検索フォーム
リンク
QRコード
QR