レトルトカレー 第八十六回

いよいよロンドンオリンピック開幕ですね。
開会式がどんな内容か気になりますが、朝5時では見れません。

本日のレトルト
No100.jpg
「ハチ食品 たっぷりビーフカレー 辛口」
原材料: 野菜(玉ねぎ、人参、にんにく、しょうが)、豚脂、小麦粉、牛肉、砂糖、マッシュルーム、食塩、カレー粉、トマトペースト、肉エキス(ビーフ、ポーク)、でん粉、大豆たん白末、香辛料、酵母エキス、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、乳化剤、香料(原材料の一部に乳を含む)
感想:ソースが実にレトルトっぽいとろみで辛さはそこそこ。
具はマッシュルーム以外は感じなかった。普通にまとまったレトルトでした。
あまり書くことがないです。

家にあるレトルトのストックが凄い数になってます。
貰い物から食べて行きたいと思います。
がんばります。
ではまた
スポンサーサイト

tag : レトルトカレー ビーフカレー

前兆

暑さの為、集中力低下中

本日靴の紐が切れました。
何かよからぬ事の前兆でしょうか?
とか考えるのは心にゆとりが無い証拠かもしれません。

色々と書きたい事もあるのですが、
とりあえず忙しいのと疲れでブログの更新は滞り勝ちがちです。
曲もいくつか完成してるのでアップしたいのですが、
その時間も惜しくなります。
とりあえず明日の録音の練習があるので
その分のデータを仕上げたいと思います。
ではまた

レトルトカレー 第八十五回

どうにも天気が極端ですね。
やっぱりここ十数年で気候も随分変わった様に思います。

本日のレトルト
No99.jpg
「ハウス食品 ラ・ソース 3種類のきのこのカレー 中辛」
原材料:野菜(エリンギ、マッシュルーム、ひらたけ)、牛脂豚脂混合油、小麦粉、砂糖、トマトペースト、カレーパウダー、食塩、ソテーオニオン、ラード、香辛料、でんぷん、ビーフエキス、りんごペースト、バターミルクパウダー、酵母エキス、ソテーシャンピニオンエキス、チキンエキス、香味料、粉乳、ぶどう糖、ソテーガーリック、生クリーム、エシャロットペースト、粉末ソース、バター、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、乳化剤、酸味料、香料、(原材料の一部に大豆を含む)
感想:ソースはまろやかで辛さもあまり強くない。とろみも良好で食べやすい。
具のきのこはとてもしっかりとしており量も多い。そして美味い。
しかし、野菜類がきのこだけなのでソースに深みと言うか、少し物足りないような気がする。
せめて玉ねぎを入れて欲しかった。
レトルトでははずれが無いきのこカレーなのでこれも十分美味しい。

来週の予定に向けて急ピッチ進行中
何かを捨てないと追いつきません。
ではまた

tag : レトルトカレー きのこカレー

ケルベロスの肖像

うだる暑さにやる気がそがれます。

「チーム・バチスタの栄光」でお馴染み、田口・白鳥シリーズ完結編
「ケルベロスの肖像」を読んだので感想を書きます。

ストーリー
「東城大学病院を破壊する」、送られてきた一通の脅迫状
田口と白鳥は病院を守ることが出来るのか?

文庫化以外の本なんて久しぶりに買った気がします。
それほど、早く読みたかったわけですが、
まず、率直な感想としては面白かったです。
以前の感想にも書きましたが、僕がこのシリーズで最もな楽しみは
田口が周囲に振り回される様です。
そう言った点では今回はやりすぎとも思える展開で振り回される
田口には大笑いできました。
ラストの台詞もシリーズを読んできた人にとっては感慨深いものがあるでしょう。

しかし不満点も多いです。
まず全体を通して緊迫感がない展開、
脅迫状が送られてきてそれを調査する展開を期待したのに
この点はほとんど絡んでこないのはどうかと思います。
内容的には一冊使ったエピローグの様に感じます。
犯人の仕掛けも反則レベルで、
作者もミステリー仕掛けにするつもりはなかったのかもしれません。
そして最も不満だったのが、新キャラやシリーズで登場してきたキャラ達が
でしゃばりすぎて、主役の片割れ白鳥の活躍が全然ない点です。
田口・白鳥シリーズなのにこれはあんまりです。

面白くはありましたが、完結編としてはミステリー等で盛り上げて欲しかったと思います。
ただ、作者はほぼ全ての作品が繋がっており、まだまだ作品を書かれることでしょう。
今までにも他の作品でシリーズのキャラ達が活躍してきました。
今後の作品でも田口・白鳥の活躍があるかもしれません。
その辺に期待したいと思います。
まだまだ海堂氏の作品は半分ほどしか読んでません。
なのでこれからもちょくちょく読んで行こうと思います。
気が向けば感想を書くかもしれません。
ではまた

レトルトカレー 第八十四回

本日は暑かったです。いよいよ梅雨も空けて夏本番のようです。

本日のレトルト
No97.jpg
「九九プラス 大盛超辛カレー」
原材料:ソテード・オニオン、人参、食用油脂(牛脂、豚脂)、小麦粉、牛肉、砂糖、でん粉、食塩、香辛料、トマトペースト、カレー粉、ウスターソース、ビーフエキス、たん白加水分解物(大豆)、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、(その他乳由来原材料を含む)
感想:辛さ押しだけにかなり辛さが強烈。ソースはトマトが強く感じるが、辛さのせいで他が
押し殺されているような気がします。容量が250gと多いですが、水気が多いので、
カレーらしいとろみがゼロ。スープに近い印象です。

少し気を抜くと更新を忘れます。
まめに更新できるように気をつけます。
ではまた

tag : レトルトカレー

どうなるやら

蒸し暑くてヘッドフォンが辛いです。

歌モノ作りのために書いてた歌詞が完成。
適当に作るつもりがかなり時間がかかり、苦労しました。
もう当分歌詞は書きたくないです。

とりあえず歌の仮入れを済ませてデモは完成しましたが、
デモと言えど我ながら酷い出来で少々不安。
歌ってみて、音程や節回しがいいかげんだと気づいてしまうので
後々苦労しそうです。
気の重い作業が終わったので、次の曲はやりたい放題やって、
憂さを晴らしたいと思います。

最近、クラシックやジャズが聞きたくなり、
借りたり、買ったりと漁っております。
今まではクラシックなら好きな曲や、聞きたい曲を
ジャズならプレイヤーを絶対重視して聴いてたのですが、
もうその辺は関係なくとにかく適当に漁って聴いてます。
じっくりと聴きたいと言うよりも、流して聴きたくて集めてるからだと思います。
本読みながら適当にジャズやクラシック流してるのはベタですが、
結構いいものです。
「Herbie Hancock - Jazz Fusion Cantelope Island 」
ではまた

レトルトカレー 第八十三回

昼間は暑いですが、夜が涼しいのがまだ救いです。

本日のレトルト
No96.jpg
「大塚食品 ボンカレーゴールド21 熱辛」
原材料:野菜(たまねぎ・じゃがいも(非遺伝子組換え)・にんじん)、牛肉、小麦粉、乳製品(バターオイル・全粉乳・バター)、ブイヨン(ポーク・チキン)、砂糖、フルーツチャツネ、食塩、カレー粉、食用油脂、香辛料、でんぷん、トマトペースト、リンゴペースト、赤ワイン、酵母エキス、レーズン、還元水飴、たん白酵素分解物、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、香料、スパイス抽出物、パプリカ色素、酸味料(原材料の一部に大豆、バナナを含む)
感想:しっとして、とろみも中々のソース。
辛さはヒリヒリと来る。野菜の甘みも旨みもしっかりとしてると思う。
具はあまり大きくはないが、食べてる感じはするので良好。
全体的に隙が少ない食べ応えのある良いレトルトです。

レトルトが溜まってきました。
どんどん食べて行きたいと思っております。
ではまた

tag : レトルトカレー

7月7日

7月7日シド・バレットの命日です。
ピンクフロイド公式サイトとかで何か変化があるかとも思ったのですが、
特に何も無いようで残念です。

フロイドはもはやギルモアもメイソンも活動してない様な状況で
ロジャーだけは今年も元気にツアー中のようで、がんばって欲しいところです。
2010年から行われている「the wall tour」
とにかく盛況の様で、その半端ではない舞台装置は必見です。
さすがは舞台装置に懲りすぎたりして、一時は破産状態だったピンクフロイドのメンバーです。
このツアーのDVD出れば買いたいですが、ツアー終了まではどうしようもないでしょうね。
youtubeの画像と音では到底満足できません。

そう言えば最近フロイドグッズを買って無いです。
あまりもう購買欲をそそる商品がないのが一番の理由ですね。
ではまた

レトルトカレー 第八十二回

体調やや回復してきました。
恐らく原因は普段考えない事に頭使ってるからかもしれません。

本日のレトルト紹介
No94.jpg
「ハチ食品 グリーンカレー
原材料:野菜(玉ねぎ、にんにく)、鶏肉、豚脂、ひよこ豆、小麦粉、砂糖、ココナッツミルクパウダー、乳等を主要原料とする食品、チキンエキス、チャツネ、食塩、マーガリン、粉末ブイヨン、でん粉、香辛料、カレー粉、調味料(アミノ酸等)、香料、クチナシ色素、(原材料の一部に卵を含む)
感想:香りや味にハーブが効いており、さっぱりとしてはいるがやや癖もあるのはグリーンカレーらしくて良い。
辛さは控えめに感じたが、食べ進むにつれて増して行くので辛めかもしれない。
本場風な癖ではなく食べやすくアレンジされているのでタイカレーが苦手な人でも食べられる出来。
具の鶏肉があまりにも存在感が無いのが少々残念。

このレトルトカレーレポート、現在5日間隔で更新してますが、
もう少しペースを上げたい思ってます。
現行品になるべく追いつきたいですし、更新できる内にやっとかないと、
やる気もなくなりそうだとふと思ったもので、
ではまた

tag : レトルトカレー グリーンカレー

GとCのファンファーレ

蒸し暑く、ベタついて寝苦しい。
なんだか、日に日に疲弊していきそうです。

オリジナル曲「GとCのファンファーレ」をアップしました。
五月にあった友人の結婚式の二次会入場曲として作ったものですが、
頼まれたのが、2週間前しかも映像編集と同時製作の進行だっただけに
こちらはかなり時間的に余裕が無く、7~8時間程度、パラでの録音もせず
一発録りで作ったので、部分的に荒いです。
当日は1分も流れなかったので、たぶん会場に居た方はだれも覚えてないでしょう。
しっかりとバランス修正して公開したかったのでが、余裕も無いので断念しました。

どうにも使ってる動画の変換ソフトで音楽を変換すると高音が割れますね。
今回も高音部が聞き苦しいです。昔のMP3エンコーダみたいな音になってます。
せっかくアップしてるのでどうせならなるべく良い音質で聞けた方がいいとは思うのですが、
試行錯誤するのも大変です。

そろそろPCも変えないと日々PCのうなりがひどくなってる気がします。
色々と買い替えのために調べてたらcubaseは8月までアップグレードキャンペーンやってますし、
Digital Performerは8がwindows対応。(いつ出るか知りませんが)
しかも値段も随分安くなったのでかなり魅力的。
来る買い替えにそなえ貯金するようにします。
ではまた

鮎を食べた

体調絶不調、湿気にもやられ放題です。

昨日鮎を食べてきました。
20120702 (2)
なんともインパクト大の塩焼きで食べ応えがありましたが、
普段食べないものを詰め込んだせいか、はたまた飲み過ぎたのか
本日は胃もたれが相当きつかったです。体調も悪く、このダプルパンチは相当効いてます。

そんな完全グロッキーの中でも作業をがんばりたいと思います。
先月は終盤サボってしまったので、何とか遅れを取り戻どす覚悟です。
ではまた

レトルトカレー 第八十一回

暑さが絶好調の様で、既にバテ始めてます。

本日のレトルト紹介
No92.jpg
「S&B なっとくのポークカレー 中辛」
原材料:野菜(玉ねぎ、にんにく)、鶏肉、食用油脂(パーム油、なたね油、大豆油)、小麦粉、マッシュルーム、砂糖、食塩、カレー粉、トマトペースト、ポークエキス、生クリーム、ウスターソース、でん粉、チャツネ、香辛料、ミルクパウダー、たん白加水分解物(大豆)、カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、香料、酸味料、乳酸Ca、(その他りんご由来原材料を含む)
感想:滑らかなソースが実に納得シリーズらしい出来。辛さは抑え気味な感じで、軽く食べられる。
それ以外書く点が見当たらない

七月に入ってますます忙しくなりそうです。
どうにもこうにも体調がよくないので、気をつけたい所です。

tag : レトルトカレー ポークカレー

プロフィール

豚次郎

Author:豚次郎

カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
カレーの分類

レトルトカレー ご当地カレー ビーフカレー インドカレー タイカレー カップカレー 缶詰カレー キーマカレー チキンカレー グリーンカレー 野菜カレー ポークカレー レッドカレー ドライカレー チーズカレ― きのこカレー カレーの素 シーフードカレー ブラックカレー 焼きカレー カレーラーメン 和風カレー スープカレー 外国産カレー イエローカレー バターチキンカレー ホワイトカレー カレーうどん カレースープ カレーパスタ マッサマンカレー 冷凍カレー カレー炒飯 カレードリア プーパッポンカレー カレー焼き飯 ハンバーグカレー カレー焼そば 果実カレー カレー調味料 カレーリゾット カレーふりかけ カレー春巻き バターマサラカレー 

検索フォーム
リンク
QRコード
QR