今日のカレー 第352回


今日のカレー
20150319.jpg
「カレーアレンジその25 タイカレー風スープパスタ」
ニチフリタイカレー味ふりかけ(第290回)の裏に書いてあるレシピを試す
7分茹でのパスタを5分間茹でる。
別の鍋に沸騰した湯の中にブイヨン一個を溶かす。(レシピはブイヨン半分2.5g)
ブイヨンが溶けきったらふりかけを大さじ三杯とパスタと入れて30秒ほど煮る。
皿に盛って(ここからオリジナル)レモン汁、粉チーズ、パセリを少量振って完成
感想:パスタにスープが染みて食べ応えがある。ブイヨンがちょっと濃かったのかグリーンカレーは風味の方が強かったのだが、辛みもあって予想よりはるかにグリーンカレーらしさがあった。ココナッツと合わせると案外良いグリーンカレーになるかもしれない。見た目はある程度綺麗に撮れたと思うがこれ以上何を足せば良いかは思いつかないのが欠点

まだまだカレーアレンジは続きます
次回は中華です
スポンサーサイト

tag : タイカレー カレーパスタ スープカレー グリーンカレー

今日のカレー 第351回

カレーアレンジ紹介の回

今日のカレー
20150222.jpg
「カレーアレンジその19 カレーリゾット
前々から試してみたかったリゾット。鍋の締めのおじやっぽいとも言える
残り物のカレーを使用。
今回全て量は適当。水、牛乳、ブイヨンを入れて温める。沸騰したらカレー、温めたご飯の順に入れる。弱火でおじやぐらいのとろみになったらピザ用チーズを投入。チーズが溶けたらお皿に盛ってブラックペッパーとパセリを適量降って完成。
感想:チーズが多すぎたのかカレーの味はかなり弱かったがまろやかさと食べやすさは抜群に良い。チーズを大目に入れる事によってカレーらしさが薄れるので余ったカレーにうんざりする方にはお勧めな食べ方。間違いなくきのこカレーに合うと思う。分量や手順の要領が悪かったおかげでブイヨンが完全に溶けておらず、塊を食べてものすごくしょっぱい目にあった。その点大失敗である。

次回はパスタを使ったアレンジです

tag : カレーリゾット

今日のカレー 第350回


昨年は結構な数のカレーを食べられたものと思います。
写真を撮ったものでも100枚を越えており、近年ではダントツに多い数となりました。
レトルトに限らず、スープやドライカレー等にも手を出したのも一つの要因と考えております。
中でも残ったカレーを使って別メニューへのアレンジにも色々とチャレンジしました。
今までいくつか紹介してきましたが今回から幾つかピックアップして紹介して行きたいと思います。

今日のカレー
20150123.jpg
「カレーアレンジその11 グリーンカレー炒飯」
炒飯やピラフ、いわゆる炒めご飯で、グリーンカレーを使って行ってみた。
今回はサンヨーのグリーンカレーヌードルの残り汁で作成。麺を食った後なのでかなりお腹も限界に近かった。
作り方はアライドコーポレーションのHPにあるグリーンカレーペーストを使用したグリーンカレー炒飯の作り方を真似てみた。
熱したフライパンにグリーンカレーヌードルの汁を投入して弱火で煮る。ご飯を投入して水気が無くなるまで炒める。反面にご飯を寄せて、残る半面でスクランブルエッグを作る。スクランブルエッグが出来たらご飯と混ぜて完成。
感想:水分が多すぎたのかベチャベチャな炒飯となったが、ほのかなグリーンカレーの風味や味はかなり旨い。特に調味料などは使用しなかったのだがそれでも元のカレーヌードルの味が良いのか非常に食べ応えがある。

次回もカレーアレンジが続きます

tag : タイカレー グリーンカレー カレー炒飯

今日のカレー 第349回


今日のカレー
no298.jpg
「ヤマモリ タイカレー チキングリーン」
原材料:ココナッツミルク、鶏肉、なす、カレーペースト、ナンプラー、大豆油、砂糖、バジル、唐辛子、こぶみのかんの葉
内容量:200g
カロリー:358Kcal
感想:タイカレーには定評のあるヤマモリ。辛さ、味やはりクオリティの高いグリーンカレー。具材にもこだわっているし、マイルドにアレンジされてもない。本場のタイカレーの味を目指しているのだろう。完成度は高い。グリーンカレー好きならお勧め
パッケージ:大体タイカレーの写真はご飯が映っていないのがほとんどである。何故だろう?もしかしてタイの人はこれを飲むのか?そんな分けはないだろう。あの独特のタイ米の見栄えを載せても悪くはないと思うのだが
評価:★★★★★★★

tag : レトルトカレー タイカレー チキンカレー グリーンカレー

今日のカレー 第348回


今日のカレー
no296.jpg
「新宿中村屋 インドカリー 濃厚タンドリーチキン
原材料:鶏肉、野菜・果実(トマト、玉ねぎ、りんご、しょうが、にんにく)、乳糖を主要原材料とする食品、ヨーグルト、オニオンパウダー、食用油脂(大豆油、パーム油)、バター、カレー粉、トマトペースト、小麦粉、食塩、チキンエキス、カシューナッツペースト、ココナッツミルクパウダー、ベースン粉、砂糖、蜂蜜、ポークブイヨン、香辛料、酵母エキス、脱脂粉乳、トレハロース、増粘剤(加工でん粉)、パプリカ色素、香料
内容量:200g
カロリー:233Kcal
感想:辛さが弱くカレーとしてのインパクトは弱いがマイルドに仕上げられていて美味しい。具も溶け込んでいるがもう少し濃い味の方が良かったと思う。タンドリーチキンは小さめだが肉が骨から簡単に離れて、食べやすい。
パッケージ:中村屋はよくパッケージを変える事で有名だが今まで何種類ぐらい変えたのだろうか?
評価:★★★★★

tag : レトルトカレー ご当地カレー インドカレー チキンカレー タンドリーチキン

m026


新しく「m026」をアップしました。

m026

かなり前に鍵盤を適当に弾いたものを元に作った曲です。
アレンジに行き詰まり一度は完成を諦めたものの、最近になってもう一度やり直して、ようやく完成する事が出来ました。
場面転換の様に曲調も変わるオーケストラサウンドの曲です

特に考えずに弾いたデータがものすごく、前半部は変拍子の嵐です。
自分で譜割してもまったく見やすくもなりませんでした。
オーケストラアレンジはまだまだ勉強しないと行けないと思いつつも自由に展開できる感じが面白いです。

映像の方はほとほと面倒だったのでフリー素材を貼りつけただけです。

今日のカレー 第347


今日のカレー
no295.jpg
「明治 男の極旨黒カレー スパイシーチキン」
原材料:鶏肉、ソテーオニオン、りんごパルプ、トマトペースト、植物油脂、砂糖、カレー粉、チキンエキス、乾燥たまねぎ、食塩、にんにく、章が、たん白加水分解物、焦がしにんにく香味油、マカ粉末、デキストリン、酵母エキス、増粘剤(加工でん粉)、調味料(アミノ酸等)、着色料(絡める、炭末)、香料(原材料の一部に小麦、豚肉、豚肉、大豆、ゼラチンを含む)
内容量:200g
カロリー:190Kcal
感想:色は確かに黒い。辛さは結構強め、非常にカレーの味が濃い。よく素材が溶け込んだ味で甘みも良い。肉はさっぱりした感触だった。ソースっぽさが少し強い。
パッケージ:黒地に金色の組み合わせは何とも重厚感がありますが、カレーまで黒いとあまり美味しそうに見えない。それよりも中央の銀のシンボルマークはなんじゃろな?
評価:★★★★★★★

tag : レトルトカレー ブラックカレー チキンカレー

今日のカレー 第346回


今日のカレー
no294.jpg
「自由軒 名物カレー
原材料:野菜(玉ねぎ、にんじん)、牛肉、ウスターソース、しょうゆ、トマトピューレ、牛スジ肉、小麦粉、カレー粉、トマトケチャップ、赤ワイン、チキンエキス、食塩、香辛料、大豆油、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工デンプン)、カラメル色素
内容量:200g
カロリー:名物カレーベース(123Kcal)、自由軒四代目ウスターソース(18Kcal)
感想:ソースを煮込み、ご飯と絡めて作る少し変わったレトルト。以前カレーミュージアムでも食べた事のある品。書いてある通り、生卵とソースも使った。カレーソースはカレーっぽくない。辛くもなく、カレーらしい重さもない。旨みはあるがウスターソースが強すぎて少々くどく、生卵も足してベチャベチャ感が強すぎる。新しい感触でさらりと食べられるのが良い。生卵を入れるのは戦後の食糧難の時代に栄養のあるものを使いたいとの思い使ったらしとある番組で聞いた。
生卵に合わせるためにこの様なカレーになったのだとしたら工夫されたカレーだと感心する。
パッケージ:勝手な思い込みかもしれないが関西圏のご当地系カレーにはよくキャラクターイラストが使われていたり、ポップなフォントを使っている物が多い気がする。その辺の感覚が関西らしいとも思えてしまう。
評価:★★★★

tag : レトルトカレー ご当地カレー 名物カレー

今日のカレー 第345回


今日のカレー
no293.jpg
「明治 まるごと野菜 なすとひき肉のカレー 中辛」
原材料:野菜(たまねぎ、トマト、みずくわい、にんじん、しょうが、にんにく)、ソテーオニオン、食肉(豚肉、牛肉)、フライなす(なす、植物油脂)、トマトジュース、トマトペースト、カレー粉、動物油脂、砂糖、食塩、小麦粉、ビーフペースト、たんぱく加水分解物、トマトピューレ、ウスターソース、デキストリン、香辛料、酵母エキス、増粘剤(加工でん粉)、香料、カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、香辛料抽出物、(原材料の一部に乳性分、鶏肉、りんご、大豆、ゼラチンを含む)
内容量:170g
カロリー:145Kcal
感想:カレーはトマト感が強め。辛さは普通。みずくわいや他の具がサクッとした食感で良い。なすは小ぶりなので印象が弱く量も少ないが食べればそれなりに美味しい。細切れの具とひき肉がメインとなっているように感じるせめてナスをもっと大きくして欲しかった
パッケージ:野菜を前に押し出したカレーのパッケージはちょっと詐欺まがいの絵面が多いと思う。でも見栄えも大事だと思う
評価:★★★★★

tag : レトルトカレー 野菜カレー なすカレー まるごと野菜

ずっとクライマックス


最近、壮大なオーケストラ曲や劇伴曲にはまってる友人に「Two Steps From Hell」を教えたら大層喜んでいた。
Two Steps From Hellは映画の予告編の曲を作っている二人の作曲家の会社?で
完成度の高い良曲ばかりであり、iTunesでも多数のアルバムが発売され人気を博している。

僕自身も最近はBrian TylerやHans Zimmerと言ったハリウッドのド派手な映画音楽を聞く様になったせいか
改めてTwo Steps From Hellの音楽を聞くと非常に盛り上がってしまい、ついついアルバムを購入してしまった。

アルバムによってはアドレナリン全開のド派手な曲ばかりでさすがに聞き続けると疲れますが、
一度は大音量で彼らの音の世界に浸ってみてはいかかでしょうか。

なんの予告編に使われたかは知りませんが、30秒や1分程度の予告編ではもったいない、最後まで聞きたくなります。
「Two Steps From Hell - United We Stand Divided We Fall (Final Version) 」


曲によっては叙情的だったり、浮遊感があったりとバラエティにも富んでます
このアルバムはゆったり聞ける曲が多いです。値段も何故か非常にお安いです。
「Two Steps From Hell - I Love You Forever (Miracles) 」

今日のカレー 第344回

新年あけましておめでとう御座います!
今年ものんびりとカレーを紹介して行きたいと思います


今日のカレー
no292.jpg
「リトルベリーズ ハバネロカレー 辛口」
原材料:●カレー:野菜・果実(たまねぎ、りんご、赤ピーマン、にんにく、しょうが)、鶏肉、トマトペースト、植物油脂、小麦粉、砂糖、赤ピーマンペースト、ハバネロソース、たん白加水分解物、カレー粉、ココナッツミルクパウダー、澱粉、チキンエキス、全粉乳、食塩、香辛料、酵母エキス、(原材料の一部に豚肉、大豆を含む)●ハバネロソース:唐辛子(レッドハバネロ)、人参、玉ねぎ、にんにく、ライム、食酢、食塩、カラシ抽出物
内容量:200g
カロリー:228Kcal
感想:トマトソースが非常に効いている。カレー自体もしっかり煮込んだ味で良い。そしてかなり辛い。ハバネロソースがなくてもかなり辛め、ハバネロソースは少量なので全部使っても問題はないだろう。ただ味が辛くてよくわからなくなる
パッケージ:カレーよりもハバネロ押しな感じが面白い。写っているハバネロのビンは自社製品なのだろうか?
評価:★★★★★★★

tag : レトルトカレー ハバネロカレー 辛いカレー

プロフィール

豚次郎

Author:豚次郎

カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
タグリスト
カレーの分類
検索フォーム
リンク
QRコード
QR