ヒットマン コードネーム47

本格的に日々寒いです。
手の冷えに加え今季は乾燥肌にもやられてます。

発売直前!「ヒットマン アブソリューション」
自分の中で盛り上げたいので、今までのシリーズをレビューしてみたいと思います。
第一作目「ヒットマン コードネーム47」

ストーリー
目覚めると知らない場所に居て謎の男の声に従い
「機関」と呼ばれる組織に所属して犯罪者たちを暗殺して行く。
自分はいったい何者なのか

立ち寄ったゲームショップでたまたま見つけて面白そうだったので購入。
大いにハマる結果となった思い出のゲーム。
ジャンルとしては潜入型暗殺ゲーム。近い感じとしてはメタルギアソリッドでしょうか。
洋ゲーらしい自由度が売りで暗殺や潜入方法は多数
それらを自分で組み立てていける楽しさがあります。
難易度はそこまで高くないと思いますが、
慣れるまではいきなりマップに放り出されて
何をしていいのかとまどうような点も事実です。

前半は潜入暗殺の要素が強いのですが、出来ることが割合少なく、
後半は多数の敵相手の銃撃戦がメインになったりします。
潜入暗殺型とは言ったものの、アクションゲームに近いと言えるでしょう。
それ故に潜入ゲームとしては異常に乱戦に強いシステムになっています。
銃弾の補充もバンバン出来ますし、敵の仲間に変装していると
死体を発見されたり、攻撃してる瞬間にさえ敵視界に入らなければ
バレず、たとえバレたとしても
敵AIもバカ揃いなので、多方向から囲まれることが無ければ
容易に死体の山を築くことが出来ます。
ステージが先に進めない時などの憂さ晴らしには非常に楽しいものがありました。

不満点としては
武器の種類が豊富な割に自由に選べない。
狙撃が面白く出来てる割には活用する場面が少ない。
コンテニュー形式で復活しても敵にバレたままなので
状況が改善できない

正直、とても整ったシステムや内容とは言えませんが、
クリアよりも縛りプレイでステージの敵皆殺しとか
強行突入等で最短クリアとか憂さ晴らしや遊びの部分で
大いに楽しんだので非常に思い入れが深いゲームでした。
好きなステージ「取引のルール」
次回は大ヒットとなった「ヒットマン サイレントアサシン」
を紹介します。
ではまた
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

豚次郎

Author:豚次郎

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
Music
オリジナル曲のリンク
カレーの分類

レトルトカレー ご当地カレー ビーフカレー インドカレー タイカレー カップカレー 缶詰カレー キーマカレー チキンカレー グリーンカレー 野菜カレー ポークカレー ドライカレー レッドカレー チーズカレ― ブラックカレー カレーの素 シーフードカレー きのこカレー 焼きカレー カレーラーメン イエローカレー 外国産カレー バターチキンカレー スープカレー カレーうどん カレースープ 和風カレー ホワイトカレー カレーパスタ マッサマンカレー 冷凍カレー カレー焼き飯 カレー炒飯 プーパッポンカレー カレードリア カレー焼そば カレー調味料 果実カレー カレーふりかけ カレーリゾット カレー春巻き バターマサラカレー 

検索フォーム
リンク
QRコード
QR