13日と金曜日

13日の金曜日と言えばジェイソンだって言うのは前にも言った気がする。

あんまり関係ないけど、昨年はほとんど映画を観てない事に気が付いた。
もちろん映画館には一度も言ってないし、TVも観ない。レンタルも0~2本の間のどれかだと思う。
元々映画をよく見る方ではないけど、それにしても少ない。
その代りなのか映画の予告編だけはやたらと観る。予告編のわくわく感は楽しい。
絶対に内容がクソとわかってる映画も予告編は面白そうだったりする。

ただ最近の予告編は無駄に色々見せすぎてかったるいのも多い。

そんな中で気になったものを紹介
「シンデレラ」

なぜ?世界中でストーリーの細部まで知られている物語を映画化?
実写は初なのか?予告編で十分内容が分かるものになぜ?
しかもコメントとか観ると案外皆観たがってる?ディズニーファンの心理なのか?
分からない事だらけだ。

「ターミーネータ:新起動/ジェニシス」

ターミネーターを知ってるからこそ、まるで魅力を感じない。
シュワルツネッガーに拘るくせにT1000の役者は変える、過去作を無視した新機軸のストーリーにも魅力が無い。
映像の方も派手さだけっぽい。どうせなら前回同様未来の話をガッツリとして欲しかった。
予告編で面白いのはバスがひっくり返るシーン。さすがに無理が無いかあのシーン。
バットマンでも似た様なの合ったけど、

文句ばっかり言いましたが、映画予告編は駄目な所も含めて楽しいものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

豚次郎

Author:豚次郎

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
タグリスト
カレーの分類
検索フォーム
リンク
QRコード
QR