最近読んだ本


どうも最近本を読むタイミングが読みたくなったら数冊をざっと読んで、熱が冷めたらしばらく休むの繰り返しです
昔は歴史小説と時代小説ばっかり読んでましたが、近頃はミステリーやホラーなんかが好きですね。
そんなわけで最近読んだものの感想。ネタバレなんかもあまり気にせず書いて行きます

「殺人鬼フジゴの衝動/真梨幸子」
何が少女を殺人鬼にしてしまったのか
衝撃のラストとの呷り文句で読み始めたものの
主人公フジコの栄光と転落の人生を子供の頃から描いているが、
陰惨でグロテスクな描写満載で更には盛り上がりも少なく淡々と進行する物語を
読んでいくのが苦痛でしかなった。オチも「ああ、そうですか」としか言えない内容でピンとこなかった。
一昔前にはやったケータイ小説的内容をグロテスクに仕上げましたって印象

「無痛/久坂部羊」
見ただけで病気が分かる天才医師二人の物語
前から読もうと思っていたもののうっかり忘れていた作品。
何故思い出したかと言うとiBookのサンプルに続編の第五番があったから、
しかしここで大失敗をしてしまった。何気なく第五番のページをめくると登場人物紹介の欄が
そこには、はっきりと無痛の犯人が書かれてるじゃありませんか!なんてこったい!ドチクショー!
そんなわけで犯人を知って読み進めるはめになりましが、それでもかなり面白く読めました。
特に精神疾患を持った犯罪者をどう裁くのかと言う問題は非常に考えさせられるものがあります。
通り魔が事件が頻発する昨今、誰でもこの問題に直面する可能性があると言えるでしょう。

「すべてがFになる/森博嗣」
密室で殺された天才プログラマ、そして謎のメッセージ
個人的にホームズや金田一みたいな密室トリック系のミステリは苦手です。
読んでてもチンプンカンプンだから、この作品も読み進めてトリックが解明するまで
何一つ分かりませんでした。トリックについて言わせてもらえばよくそんなの思いついたなと言う印象です。
ただこの手の現場が隔離された場所みたいなものは中盤だれる気がします。
ダヴィンチ・コードみたいにあっちゃこっっちゃ飛び回ったり、2時間サスペンス並みのオカルトネタとかが欲しい所。
最後に天才だから何でもアリなハイテク系のネタはちと強引な気がする

「プラ・バロック/結城充考」
コンテナから見つかった大量の死体。これは自殺か殺人か
ミステリー文学大賞新人賞の受賞作。
不可解な事件、美人警官、組織の軋轢、謎の人物、そんな要素てんこ盛りでどんどん展開して行く
とにかく読んでいて飽きず、だれる部分が無い。映画的を見ているような感覚
専門的な内容も少なく、サクッと読める。一日で読んだが読み疲れもしなかった。

「臨場/横山秀夫」
一匹狼の検死官が数々の事件の真実へ迫る
横山秀夫の刑事ものはやはり変わった着眼点魅力の一つ
刑事と犯人だけではなく、周辺の細部にも焦点を当てる所が面白い。
そして人の心情や人情と言った所の描写が絶妙と言える。
大事件や凶悪犯罪を扱わなくてもこれだけ熱く読めるのが良い所。

以上、最近読んだものの感想でした
プラ・バロックはシリーズ化されており、今は続編を読んでます。
それが終われば無痛の続編、第五番でも読んでみる事にします。
今回の読書熱はなかなかもっている方かもしれません
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

豚次郎

Author:豚次郎

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
タグリスト
カレーの分類
検索フォーム
リンク
QRコード
QR